北海道の小さな町で、自家製天然酵母パン・おやつ・ジャムをコツコツ手作りして、こぢんまりとしたお店をやっています。そんなお店のこと、馬・犬・猫たち家族のこと、毎日の生活や趣味のことなどをつづっています。
2015年03月06日 (金) | Edit |
毎週のように吹雪、吹雪、1週休んでまた吹雪…。
今年の冬はすごいです。今週もまた降りましたよ。
私がこの町に住んで10年以上経ちますが、こんなに沢山
雪が積もったのは、多分初めてだと思います。

昨日までは毎日コツコツと雪掻きしていたんですが、
吹雪の合間にタイミング良く(?)雨をサンドして降るので、もう
雪がガッチガチになってる部分もあって、手作業で積むのも
高さ的に限界。と云うことで、今日トラクターを借りて除雪しました。
3分の2位の広さになってしまっていた駐車場も、何とか元の
広さに近い位になりました。重機バンザイ。
私は雪掻きしても筋肉痛や腰痛にはならないんですが、ガラスの
手首(笑)がすぐに腱鞘炎を起こして痛くなるので、助かりました。

屋根からも気温が上がるとドッカドカ雪が落ちて来ます。
これが結構すごい音で、地震が起きたのかと思う位なんですよ。
家も普通に揺れます。いつ壊れるのかと不安になります…。
前に積もった雪が落ちきらない内にまた更に次が積もるので、
なかなか無くならなくて、常に屋根の上に雪がある状態です。
いつもの冬はそんな事ほとんど無いんですけどね~。

IMGP7500.jpg
今週半ば、最新の吹雪の後の朝です。
家の中から普通に立った状態で外を撮っています。
目線の高さまで積もってる場所もあります。

IMGP7510.jpg
これはとりあえず雪掻きした後。
しゅうが座っているのは、犬小屋の上です。
この後何度か雪山から脱柵したので、また雪掻きしました(-_-)

IMGP7504.jpg
こんな感じで犬小屋が埋まってるんですよ。
丸いのは雪が入らないように入口を塞いでる板を押さえてる
タイヤで、その上に見えてるのが屋根です。

IMGP7501.jpg
↑の犬小屋を掘り出す途中の様子です。
このスコップは全長120cmくらいはあると思います。
若干心が折れそうになります。

IMGP7506.jpg
犬舎の外はこんな感じです。
すんごい吹き溜まるんですよ、ここ…。

IMGP7503.jpg
屋根の雪からつららが出来るんですが、地吹雪を起こす
程の強風が吹いているので、先端が曲がって凍ってます。
どんだけやねん!!

馬たちの様子も撮りたかったのですが、近付ける場所が
あまり無いので諦めました。あ、2頭とも元気ですよ~(^▽^)

IMGP6761.jpg
暖かいストーブ前でダラダラくつろぐ、吹雪だろうが何だろうが
全く関係無い方々。
雪を見た事もないですからね、そりゃ関係無いですよねー。
はぁ~羨ましいよ、君たちが。

2012年11月13日 (火) | Edit |
家の周りには、秋になると色んなきのこがニョキニョキ出てきます。
毎年出る物もあるし、出ない物もあるし、観察しているとなかなか
面白く、きのこ好きの私は楽しみにしています。
今年も時間を見つけては、ちょくちょく探しに行きました。
探しに…って云っても、ホントに家の周りなんですが(^^;)

IMGP5582.jpg
だいたい最初に生えるのが、このラクヨウ(ハナイグチ)。
食べられるきのこなので、早速採ってしまって、ボウルに入った
写真のみ…。
見つけやすいお手軽きのこですが、ぬめりがあって虫が食いやすい
ので、傘が開ききっているとだいたいアウトです。
味噌汁にしていただきました~♪

IMGP5621.jpg
夏前に引き続き、秋にも生えるヌメリスギタケモドキ。
かなり巨大だったので、自分の手と比べてみました。
これもぬめりがあって、虫が食いやすいきのこです。
夏前は食べたけど、今回は開き過ぎていたのでパスしました。

IMGP5622.jpg
手の届かない高い所に、1本可愛いのが生えてました。
食べ頃だけど、届かない~!

IMGP5627.jpg
と、上ばかり見て歩いていたら、見知らぬきのこ発見。
かなり上の方なので、写真もかなり拡大しています。
白い椎茸のようなきのこなんですが…図鑑で調べてもよく
わかりませんでした。

IMGP5630.jpg
倒木に生えていた、ボリボリ(ナラタケ)。
これも食べられるきのこですが、少なかったので今回はパス。
少し分け入ると結構見つかるきのこですが、なんせ時期的に
クマが怖くて…軽装では本気で採りに行けません。

IMGP5643.jpg
家の前のねぎを入れている柵の中にめっちゃ大量に生えていた、
ツチスギタケ。
食べられるらしいのですが、アルコールと一緒に摂取すると
中毒するとかしないとか、人によっては中毒するとか、本に
よっては食用不適と書いていたり…どうにも怪しいのでパス。

IMGP5654.jpg
あらら…若干写真がピンボケですが、ハタケシメジ。
毎年同じ場所に生えるのですが、とっても美味しいきのこなので
出てくるのをいつも楽しみに待っています。
香りも良くて、歯触りもシャキシャキして、虫も付きにくい。
またまた味噌汁にしていただきました~。

IMGP5589.jpg
きのこを探して下を向いて歩いていると…地面から卵!?
いやいや、これも立派なきのこです。
この状態から数日経つと…

IMGP5615.jpg
なんと!殻?を破ってきのこ本体が出現!
スッポンタケかと思いましたが、マクキヌガサタケのようです。
暗緑色の部分から悪臭を放って、ハエ等を呼んで胞子を拡散
させるらしいのですが、発見した時には大量のハエがたかって
いて、きのこ本体が見えない位だったので、追い払ってから
撮影しました(^^;)
食べられるらしいのですが、無数のハエがたかっているのを
見た後では、全く食べる気がせず…当然パスしました。
それにしても、自然の造形って面白いですね。

IMGP5710.jpg
今日のマイおやつ。
立派なピオーネを、皮ごとタルトに焼き込んでみました。
ぶどうって火を通すとガラッと印象が変わる果物です。
ジューシーさはそのまま、香りが強く出ていて、優しい甘さの
アーモンドクリームととっても好相性でした。

2012年07月03日 (火) | Edit |
早いもので、今年も半分終わっちゃいましたね。
あと半年、楽しいお正月休みを迎えられるように、頑張って
元気に過ごしたいと思います。

朝晩はストーブを炊くくらい寒かった日々も終わり、先週辺りから
やたらと暑い日が続きました。
と云っても、20℃そこそこなので、内地の方に怒られますね(^^;)
でも、ここの気候に慣れると、20℃超えると暑くてしんどいんですよ…。
そんなポカポカ陽気の日に、再びワラビを採りに行って来ました。
夕方からだったので、もう寒いくらいでしたけど…。

IMGP5219.jpg
日当たりの良い場所はもう伸びきった物も多くて、結構固くなったのも
ありましたが、そこそこ採れました(^ー^)
伸び始めの柔らかい物は、周りのフキや笹等の雑草に埋もれていて、
かき分けて探さないといけないので、意外と大変でした。
そういうのに限って斜面に生えてるし…
先日、膝の靭帯を傷めたので、ハラハラしながら採りました。
(じゃあ、無理して行くなよって感じですね(^^;))

IMGP5220.jpg
灰がないので、重曹を使ってあく抜きをしました。
重曹の量さえ間違えなければ、灰がなくてもちゃんと出来ますね。

IMGP5228.jpg
今回は、まずはワラビご飯にしました。
鶏肉と揚げを入れて、1番だし香る美味しい炊き込みご飯でした。
ワラビの香りもほんのちょっとの苦味もちゃんと残ってましたよ。

IMGP5237.jpg
そして、きのこと一緒に醤油漬けに。
先日のヌメリスギタケモドキは全部食べてしまったので、しめじと
えのきを入れて作りました。
これは日持ちがするので、味が入った頃にご飯にのせたりお蕎麦に
添えたりして食べたいと思います。
楽しみだな~♪

IMGP5221.jpg
残りは、前からやってみたかった干しワラビ作りにチャレンジしました。
作ると云っても、あく抜きしたワラビを天日でカラカラになるまで干す
だけなんですが…。
ちょうど晴れの日が続いたので、バッチリ乾きました!

IMGP5245.jpg
2日程干して、出来上がりはこんな感じ。
黒くなって本当にカチカチに乾いています。
食べる時は2日程かけて戻してから調理します。
干した山菜の独特の味と食感が好きなので、食べるのが楽しみ(^▽^)
ワラビを満喫しました~。

IMGP5226.jpg
干し繋がり?で、先週のお休みは昆布干しに行って来ました。
この日は棹前昆布漁で、ちょうど最終日でした。
来週からは成昆布漁が始まって、浜も活気付きます。
今年もお休みの日に漁に出たら、頑張って昆布干しに行きます!
いや~、いよいよ夏ですねぇ。

2012年06月18日 (月) | Edit |
ある休日の朝、犬の散歩から帰って来た相方が、
「なんかキモチワルイ変なキノコが木から生えてた」
と云うので、嬉々として家の裏の沢沿いに確認に行きました(キノコ好き)。

IMGP5178.jpg
確かに、ニョッキリ生えてる!
知らない人が見たら確かにキモチワルイ変なキノコですが、これは
「ヌメリスギタケモドキ」という、立派な食用キノコです。
周囲の木にもポツポツ生えていたので、山に行ったら結構採れるかも
知れないな~と思い立って、ちょっとだけ散策に行きました。

ヒグマの活動期なので気を付けて!と町の防災無線で云ってたし、
らびんを連れて行こうかと思ったけど、あまり時間も無いので
クマ避けのベルと笛を携えて向かいました。
(時期的にダニもすごいので…)

IMGP5180.jpg
山に行ったら、生えてる生えてる~(@^∇^@)
そこここの木から、ニョキニョキと沢山生えています。
が、手も届かないような高い場所に生えている物も多いのです。
遠目に見て届きそうで傘の開いてなさそうな物を選んで木に近づき
ますが、結構虫食いが多くて、ちょっと残念。
大きい物ほど虫食い率が高いのが、キノコの悲しいところです。
小さ過ぎず大き過ぎず、虫食いの無い物を採りました。

IMGP5196.jpg
プラプラと散策していたら、鹿や色んな種類の野鳥と会いましたが、
まだ小さな子ぎつねにも出会いました。
大きさは、2ヶ月の子猫くらいかな?
夢中で遊んでいて気付いたら1人になっていたのか、周りに親や
兄弟の姿はありませんでしたが、はぐれて困っている風でもない
感じ。
近付くと警戒はしていますが、こちらにも興味があるようでした。

IMGP5198.jpg
さらに近付くと、近くにあった倒れて朽ちた木の洞の中に隠れて
こちらを窺っていました。
(この写真でわかりますか~?)
久し振りに会った子ぎつねは、とっても可愛かったです。
ちゃんと家族と合流できたかな。

IMGP5204.jpg
そんなわけで、この日の戦利品です。
ヌメリスギタケモドキとワラビ、それぞれ少しずつ。
ワラビは出始めだったらしく、まだあまり生えてませんでした。

IMGP5207.jpg
ヌメリスギタケモドキは、軽く茹でてお刺身風に。
食感がとても良いキノコなので、貝のお刺身みたいな感じです。
味は…ぬめりもかなりあるので、濃いナメコのような味です。
独特の香りもちょっとありますが、美味しいんですよ。

IMGP5209.jpg
お刺身の残りはきのこ汁に、ワラビは高野豆腐と炊き合わせにして
食べました。
ワラビもしっかりぬめりがあって、薄い味付けが合ってました。
春の味を、美味しくいただきました~(^^)
(左上に、覗き込んでる白い猫がいますね(笑))

2012年05月09日 (水) | Edit |
ゴールデンウィークは、あまりお天気に恵まれませんでしたね~。
お出掛けや旅行だった方は、ちょっと残念だったのでは(>_<)
お店もお天気の良い日だけ、忙しかった気がします。

気を張っていたゴールデンウィークも終わったので、ふらふらと
家の周りを散策してみましたよ。
春の色んな植物を観察したので、まとめてずらーっとご紹介です。

IMGP5012.jpg
やっと咲きました、フクジュソウ。
こんなに遅いのは、結構珍しいんじゃないでしょうか?
雪融けが遅かったせいなのか、少し小さい花が多かった気がします。

IMGP5006.jpg
ふきのとうは、もうすっかり咲いて伸び始めています。
花の周りにちらほらと、小さなふきの葉が生え始めています。
今年は全然食べなかったな~。

IMGP5018.jpg
小さなキバナノアマナも可愛らしく咲いていました。
これは山菜として食べられるらしいのですが、一度も食べた事は
ありません。どんな味なんだろ?

IMGP5011.jpg
家の裏のねぎの放牧地で、去年のねぎの落し物からミツバが生えて
きていました。
気のせいか、周りのミツバより成長がいいような…。
馬糞の栄養を吸っているのか?早速お吸い物に浮かせていただきました。

IMGP5015.jpg
沢の近くに、エゾエンゴサクが咲いていました。
何とも云えない綺麗な青い色で、可憐な花です。
これも山菜として食べられるらしいのですが、食べた事はなし。
花が咲いてるとどうも食べるのをためらっちゃうんですよね~。

IMGP5004.jpg
さてさて、裏の桜はどんな感じでしょうか?
うーん、まだまだ固いつぼみですね~。
晴れる日が少ないので、なかなか開花に向かわないようです。
釧路の開花予想日は確か19日。ここはいつ咲くかな。

IMGP5046.jpg
歩いて行ける沢沿いに水芭蕉の群生があるので、見に行きました。
数日前に見た時より花が少ないので、もうピークは過ぎたようです。

IMGP5045.jpg
白い花びらに見える物は花びらではなく、真ん中のヤングコーン
みたいなやつが花なんだそうです。
群生地は甘ーい花の香りでいっぱいでしたよ。
周りにはアイヌネギもたくさん生えていました。

IMGP5051.jpg
一緒に見に行ったらびんのおでこには、ダニがいっぱい…。
気を付けて取ってはいるんですが、毎日見落としがあるようです。
黒い毛だから余計にわかりづらい…( ´△`)
ダニとの戦いは夏まで続きます。ああ、憂鬱。