北海道の小さな町で、自家製天然酵母パン・おやつ・ジャムをコツコツ手作りして、こぢんまりとしたお店をやっています。そんなお店のこと、馬・犬・猫たち家族のこと、毎日の生活や趣味のことなどをつづっています。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013年02月02日 (土) | Edit |
ついこの間がお正月だった気がするのに、もう2月ですね。
1年で1番寒い時期のはずなのに、今日は5℃くらいまで上がった
らしく、積もった雪はべっしゃべしゃに融けてました。
そして今夜は急速に冷えてくるらしく、1番最悪のパターンに…。
明日はスケートリンクばりにツルッツルに凍るでしょうね~(TロT)
駐車場もツルツルの箇所があると思うので、明日ご来店予定の
方は、どうぞお気を付けて下さい。

もうすぐバレンタインデー!という事で、お店でもチョコレートを
使ったおやつをちょこっと作って、ひっそりと販売しています。

IMGP5916.jpg
毎年手作りする、パンにも使う甘夏柑のピール。
形と厚みの良い物を選んで、スティック状に切り揃えます。

IMGP5921.jpg
そして、甘さ控え目にブレンドしたチョコレートにくぐらせて、
オランジェットの完成です。
使用するチョコレートは毎年変えているのですが、今年は
フランスと日本のメーカーの物をブレンドしてみました。
カカオマスもブレンドするので、かなりビターになります。
ピールのほろ苦さとビターなチョコは相性バッチリです。

IMGP5927.jpg
こんな感じに簡単にラッピングして、7本入りで販売しています。
販売期間は、2月11日(月)までとなります。
各営業日の販売数量には限りがありますので、売り切れていたら
ゴメンナサイm(_ _)m
毎年この時期のみ販売していますが、隠れた人気商品なんですよ。

IMGP5930.jpg
他にも、シュトーレンにも使用している自家製の栗の渋皮煮を
ゴロゴロと入れて焼き上げた、濃厚なブラウニーも販売中♪
濃厚なので、少し小さめサイズにカットしています。
こちらも甘さはかなり控え目。子供さんにはちょっと物足りない
かも知れませんね~。大人のおやつです。

写真はありませんが、チョコレートのフィナンシェもあります。
気取らないプレゼントに、自分へのご褒美に、いかがですか(^^)
スポンサーサイト


2011年08月18日 (木) | Edit |
すいません、随分ブログを放置しておりました。

何故かお盆はお店が1年のうちで1番忙しく、更に先日の新聞掲載の
影響も重なって、えらいことになっていました。
連日早々にパンが完売してしまって…買えなかった皆様、ゴメンナサイ。
遠くから近くから買いに来て下さった皆様、ありがとうございました。

忙しい上に毎日ムシムシと超蒸し暑い日が続いていて、窯の前でパンを
出し入れしているともー汗が滝のようにダラダラと落ちてきて、これじゃあ
いつパッタリと倒れてもおかしくないな~と思いながら焼いてました。
そんな怒涛のお盆も終わって、昨日と一昨日は用事で出掛ける以外は
甲子園を観つつ10日分以上たまった新聞を読みながら、非常にダラダラと
体を休ませてもらいました。
やっとPCの前にゆっくりと座ることが出来たので、久々の更新です。
ちょっと回復したので、今日の仕込みからまた頑張るぞー!(`◇´)ゞ
もう蒸し暑くならないといいなぁ。

今年の夏はこの辺りにしては湿度が高い日が多く、やけに冷たい物が
食べたくなるなー、という事で、先日仕込んだあんずジャムの副産物、
杏の種を使って本格的な杏仁豆腐を作ってみました。

kawa_20110817190854.jpg
杏の種と云っても、使うのは固い種の中の仁です。
だから「杏仁豆腐」って名前なんですね。
種を金槌で割って取り出した仁が、上の写真です。
何だか、よく見るアレにとっても似ているような…。

hikaku.jpg
と云う訳で、比較してみました。
左がよく見るアレ、アーモンド。右が杏の仁です。
形はちょっと違いますが、似てますよね~?かなり近い種類の
ようです。マルコナ種というアーモンドは、もっと似ています。

fuya.jpg
仁は乾燥した状態なので、1晩水に漬けておいて、皮を剥きます。
中身もアーモンドにそっくりです。
しまったー、少し取っておいてローストして食べてみれば良かった…。
乾燥した状態ではニオイは全くしませんが、ふやかして皮を剥いて
いると、おなじみの杏仁豆腐のいい香りがプンプンしてきます。

014_20110817190854.jpg
皮を剥いた仁を、漬けておいた水と一緒にミキサーにかけます。
さらに濃い香りが漂います。おいしそうなニオイ~!
ミキサーにかけた液を漉して、牛乳・生クリーム・砂糖とゼラチン・
粉寒天と合わせて温めます。

rappu.jpg
荒熱が取れたら、容器に流し入れて表面にラップを貼ります。
こうすると、膜が張らずに舌触りが悪くなるのを防げます。
カスタードクリームを冷やす時と同じですね。
室温より冷めたら、冷蔵庫でしっかり冷やし固めます。
これで完成!なかなか面倒ですが、きっと美味しいはず。

018_20110817190853.jpg
1晩冷やし固めたら、自家製あんずのコンポートとそのシロップと
一緒に、スプーンですくって器に盛り付けます。
暑い時期にはピッタリのデザートですね~。
気になるお味は、市販の杏仁霜とは比べ物にならない位の香りと
風味とコクの強さ!めっちゃ美味しかったです(^▽^)
種割りに1時間半、皮剥きに1時間半、手間をかけた甲斐がありました。
また来年も作ろうっと。

2011年02月12日 (土) | Edit |
昨日から、全国的に天気が荒れているようですね~。
ここも朝は曇っていただけでしたが、昼前から雪が降り出して、
午後からは猛烈な風も加わって吹雪に…。

本当は、今日は予報が悪かったので、臨時休業にしようかと
悩んだ挙句に営業したのですが、意外とお客さんが来てくれて
ホッとしました(^^)ありがとうございます。
吹雪になってからはパッタリだったので、黙々と仕込みをしました。
閉店時間の17時に看板を変えに外に出ると、玄関先に吹き溜まって
出来た小山が…。
膝まで埋まる位でしたが、風がある間は雪かきしてもまた溜まるので
見て見ぬフリをしておきました。
明日の朝が憂鬱だな~( ´△`)

さてさて。明後日はバレンタインデーですね。
何故か無性にチョコレートを食べたくなるこの時期…。
お店でも、チョコレートのおやつを作ってみました。

3452.jpg
まずは、無農薬の甘夏柑の皮で手作りしたピールを使って、
オランジェットを作りました。
(甘夏プチパンに使っているのと同じピールです)
オランジェットってちょっと馴染みが薄いですよね?要するに
柑橘の皮の砂糖煮にチョコレートをかけた物です。

3456.jpg
テンパリングが苦手なんですが、何とか頑張って作りました…。
市販のピールのような薬臭さもなく、ビターなチョコレートと
爽やかにマッチして、ちょっと贅沢なおやつになりました。
なんか…小っちゃい露店のチョコバナナに見えますが(笑)

3462.jpg
もう1つは、自家製の栗の渋皮煮入りのブラウニーです。
シュトーレン作りでちょっと余った渋皮煮で作りました。
甘さ控えめ、でもチョコレート感たっぷりに焼き上げています。

3464.jpg
ラッピングして、売り場に並んでいま~す。
明後日、14日まで販売していますが、数に限りがありますので
無くなり次第販売終了とさせていただきます。
この時期だけのおやつを、ぜひご堪能下さい♪

2010年03月16日 (火) | Edit |
ここ数日割と暖かい日が続いて、あんなに積もった雪も
どんどん溶けてきました。
今からしばらく、地面グチャグチャの時期になります。
長靴もドロドロになるし、犬たちの足もドロドロになるし
それが夜に凍ってボッコボコになるし…。
もしかしたら、一年で一番憂鬱な時期かも知れません。

そんな気分を吹き飛ばそうと?家に色んな柑橘が揃っているので
自分のおやつに柑橘ロールケーキを作ってみました。
(注:生菓子の販売はしていないので、売り物ではありません(^_^;))

1455.jpg
使う柑橘は四種類。
上がはまさき、下の色が薄い順に、はるか、はっさく、いよかんです。

1463.jpg
外皮を剥いて、房をばらします。
左から時計回りに、はまさき、はっさく、はるか、いよかん。

1467.jpg
薄皮も丁寧に剥いて、水気を切っておきます。
こうやって見ると、とってもカラフルですね~。

1470.jpg
そして、焼いておいたロールスポンジにクリームを塗って
柑橘類を並べていきます。
縦に同じ柑橘が並ぶと切った時にかぶっちゃうので、そう
ならないように並べます。
…今考えたら、同じ柑橘を横一列ずつ並べていけば良かっただけ!?
ちょっとアホでした(;-_-)

1472.jpg
そして、くるくる巻いていって、完成です!
しばらく冷蔵庫で冷やして、落ち着かせます。

1489.jpg
しっかり冷えたら、カットしていただきまーす♪
それぞれの柑橘の特徴が味わえて、クリームとの相性も良く
さっぱりとジューシーで美味しかったです(^^)
春先だけ味わえる、贅沢な柑橘ロールケーキでした。

1453.jpg
オマケ。
先日、ご近所さんの友人Fさんと、お鍋をしました。

前半は自家製ポン酢を楽しむため、昆布だしのみで。
後半はキムチを入れて、キムチ鍋に。
写真を撮り忘れて食べていて、これはキムチ鍋の時のものです。
タラやホッキ、毛ガニと色んな野菜を入れて、美味しかったです。

2009年12月27日 (日) | Edit |
「食わず嫌い」ってありますよね。
食べてみたら美味しいかも知れないし、一回食べてみたらええやーんって
思うんですが、見た目的にアレだったり、においがきつかったりして
どうしても箸が進まない物って誰でもあるんじゃないでしょうか。
私は、人生損した気分になるので、だいたいはとりあえず食べてみます。
今までで一番勇気が必要だった食べ物は、ホヤでした。

ただ…私は「やらず嫌い」があります。
面倒臭がりなので、見るからにめんどくさそー!ってのがダメです。
それが、生菓子作り。
工程が多かったり、パーツをたくさん作って組まなきゃいけなかったり
とにかくレシピを見るだけでクラクラしてきます(私は)。
なので、以前お菓子の仕事をしていた時も、苦手な生菓子作りは
同僚に任せて、得意な焼き菓子類ばかり作っていました。

でも最近、これじゃいかんなー、と考え始めました。
これから始めるお店では売らない物なので、別に作れなくても
いいっちゃいいんですが、作れないより作れた方がいいんじゃないか?
出来て困る事なんて世の中にあまりないんじゃないか?と。
ちょっとやってみようかと、たまに作るようになりました。
しかし、何事もそうなんですが、やっぱりある程度経験を積まないと
上手になりません。失敗してわかる事もたくさんあるし。
という訳で、失敗を繰り返しながら、ただ今生菓子練習中なのです。

0895.jpg
友達の民宿のクリスマスケーキ。
ブッシュドノエルってやつですね。

0915.jpg
自宅用クリスマスケーキ。
イメージは、「森」(くまさん含め/笑)

うーん、まだまだですな~。生菓子修行は続く。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。