北海道の小さな町で、自家製天然酵母パン・おやつ・ジャムをコツコツ手作りして、こぢんまりとしたお店をやっています。そんなお店のこと、馬・犬・猫たち家族のこと、毎日の生活や趣味のことなどをつづっています。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010年11月29日 (月) | Edit |
日に日に気温も低くなり、本格的な冬ももうすぐですね。
買い物に行くと、華やかなディスプレイや音楽がかかって、
クリスマスもすぐそこ、1ヶ月を切りました。
新聞のチラシには、クリスマスケーキの姿もチラホラ…。

粉の実では、ドイツの伝統あるクリスマスの発酵菓子、
シュトーレンの予約販売をいたします!
試作を何度も重ねて改良しているうちに、告知がすっかり
遅くなってしまいましたが、本日から受付開始しました。

シュトーレンとはなんぞや?という方も多いかと思うので、
簡単に説明いたしますと…

3023.jpg
シュトーレンとは、ドイツでクリスマスに食べられる伝統的な
発酵菓子です。本来は長期間お酒に漬け込んだドライフルーツと
様々なスパイスをたくさん使った独特の物ですが、粉の実では
どなたでも食べやすいように、お酒もスパイスも一切使わずに
作ります。(なので、現地の物とは別物です)
お子様やお酒がダメな方、スパイスが苦手な方等でも、ご家族
皆さんで美味しく食べられる仕上がりになっております。

8種類のドライフルーツ(一部自家製)と2種類のナッツを
加えた生地を自家製天然酵母でじっくりと発酵させて、
自家製の栗の渋皮煮を贅沢に挟んで焼き上げ、バターをたっぷり
染み込ませ、雪のような粉砂糖で仕上げます。
独特なこの形は、キリストがおくるみに包まれている姿を
表しているとも云われています。

本場ドイツでは、クリスマスよりかなり前から、クリスマスを
迎えるまでの間に少しずつ食べる物ですが、粉の実のシュトーレンは
お酒を使わないためあまり日持ちがしないので、クリスマス前では
なく、24・25日にお渡しするようにしました。
ですので、クリスマスケーキとしてお楽しみ下さい。

3027.jpg
香りが良く、風味豊かな発酵生地の中には、ふさ干しレーズン・
グリーンレーズン・アプリコット・プルーン・白いちぢく・クランベリー・
いよかんピール(自家製)・干しりんご(自家製)・アーモンド・
くるみ、そしてタカナシ乳業のバターがふんだんに入っています。
そして折り込み部分には、自家製の栗の渋皮煮入り!
正直ドライフルーツがあまり得意ではない私でも、これは不思議と
パクパクと美味しく食べられます。
発酵生地とバターがうまくまとめてくれているのですね。
少しずつ薄くスライスして、温かい飲み物やワインをお供にどうぞ!

お値段はラッピング込みで、1台1800円です。
サイズは約20㎝×12㎝(手作りのため、多少異なります)

ご予約締め切りは、12月18日(土)15時
お渡し日は、12月24日(金)または25日(土)となります。

お渡し日に食べ頃になるように焼き上げますが、お渡し後1週間程は
美味しくお召し上がりいただけます。(冷暗所保管でお願いします)
熟成が進んでいくので、お正月までかけてゆっくりと味の変化を
楽しまれるのも良いかと思います。

ご予約受付は、店頭かお電話にて承っております。
(お電話は営業日の営業時間中にお願い致します)

※なお、材料の栗の渋皮煮の数に限りがあるため、数量は限定と
させていただきます。限定数に達した時点でご予約は締め切らせて
いただきますので、ご了承下さい。

今年のクリスマスはぜひシュトーレンで!
ご予約お待ちしております(^^)
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。