北海道の小さな町で、自家製天然酵母パン・おやつ・ジャムをコツコツ手作りして、こぢんまりとしたお店をやっています。そんなお店のこと、馬・犬・猫たち家族のこと、毎日の生活や趣味のことなどをつづっています。
--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011年08月18日 (木) | Edit |
すいません、随分ブログを放置しておりました。

何故かお盆はお店が1年のうちで1番忙しく、更に先日の新聞掲載の
影響も重なって、えらいことになっていました。
連日早々にパンが完売してしまって…買えなかった皆様、ゴメンナサイ。
遠くから近くから買いに来て下さった皆様、ありがとうございました。

忙しい上に毎日ムシムシと超蒸し暑い日が続いていて、窯の前でパンを
出し入れしているともー汗が滝のようにダラダラと落ちてきて、これじゃあ
いつパッタリと倒れてもおかしくないな~と思いながら焼いてました。
そんな怒涛のお盆も終わって、昨日と一昨日は用事で出掛ける以外は
甲子園を観つつ10日分以上たまった新聞を読みながら、非常にダラダラと
体を休ませてもらいました。
やっとPCの前にゆっくりと座ることが出来たので、久々の更新です。
ちょっと回復したので、今日の仕込みからまた頑張るぞー!(`◇´)ゞ
もう蒸し暑くならないといいなぁ。

今年の夏はこの辺りにしては湿度が高い日が多く、やけに冷たい物が
食べたくなるなー、という事で、先日仕込んだあんずジャムの副産物、
杏の種を使って本格的な杏仁豆腐を作ってみました。

kawa_20110817190854.jpg
杏の種と云っても、使うのは固い種の中の仁です。
だから「杏仁豆腐」って名前なんですね。
種を金槌で割って取り出した仁が、上の写真です。
何だか、よく見るアレにとっても似ているような…。

hikaku.jpg
と云う訳で、比較してみました。
左がよく見るアレ、アーモンド。右が杏の仁です。
形はちょっと違いますが、似てますよね~?かなり近い種類の
ようです。マルコナ種というアーモンドは、もっと似ています。

fuya.jpg
仁は乾燥した状態なので、1晩水に漬けておいて、皮を剥きます。
中身もアーモンドにそっくりです。
しまったー、少し取っておいてローストして食べてみれば良かった…。
乾燥した状態ではニオイは全くしませんが、ふやかして皮を剥いて
いると、おなじみの杏仁豆腐のいい香りがプンプンしてきます。

014_20110817190854.jpg
皮を剥いた仁を、漬けておいた水と一緒にミキサーにかけます。
さらに濃い香りが漂います。おいしそうなニオイ~!
ミキサーにかけた液を漉して、牛乳・生クリーム・砂糖とゼラチン・
粉寒天と合わせて温めます。

rappu.jpg
荒熱が取れたら、容器に流し入れて表面にラップを貼ります。
こうすると、膜が張らずに舌触りが悪くなるのを防げます。
カスタードクリームを冷やす時と同じですね。
室温より冷めたら、冷蔵庫でしっかり冷やし固めます。
これで完成!なかなか面倒ですが、きっと美味しいはず。

018_20110817190853.jpg
1晩冷やし固めたら、自家製あんずのコンポートとそのシロップと
一緒に、スプーンですくって器に盛り付けます。
暑い時期にはピッタリのデザートですね~。
気になるお味は、市販の杏仁霜とは比べ物にならない位の香りと
風味とコクの強さ!めっちゃ美味しかったです(^▽^)
種割りに1時間半、皮剥きに1時間半、手間をかけた甲斐がありました。
また来年も作ろうっと。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。