北海道の小さな町で、自家製天然酵母パン・おやつ・ジャムをコツコツ手作りして、こぢんまりとしたお店をやっています。そんなお店のこと、馬・犬・猫たち家族のこと、毎日の生活や趣味のことなどをつづっています。
2012年06月27日 (水) | Edit |
先日、近所の友人から
「アメマスいらない?」と電話がありました。
何でも、たくさん貰ったので、食べきれないとのこと。

アメマスかぁ~…。
うわぁ!欲しい欲しい!!というような美味しい魚ではないので
ちょっと悩んだけど、海アメ(川ではなく海で獲れたアメマス)だと
云うので、ありがたく頂戴して来ました。
(アメマスは普通に食べられますが、それを目的に釣る人でも
リリースする事がほとんどではないかというような、ビミョーな
存在の魚なんです…)

IMGP5150.jpg
貰いに行ったら、まー大量のアメマス。
そこそこ太さがある物を選んで貰って来ました。
サイズは30㌢前後かな?そんなに大きくないです。

思っていたよりたくさん貰ったので、どうして食べようかとしばし
思案の末、この日はまずムニエルにしていただきました。
アメマスはあまり脂がなくて身も水っぽくて柔らかいので、ただ
塩して焼いて食べてもあんまり美味しくありませんが、バターを
使ってムニエルにしたり、フライにしたりと油と合わせると結構
美味しいように感じます。
あとは後日フライにしようと、切り身にして冷凍。
それでも、まだかなり残ってる…。
考えた挙句、スモークサーモンならぬスモークアメマスにチャレンジ
してみる事にしました。

IMGP5152.jpg
三枚に下ろしたアメマスを、調味液に漬けます。
魚体の小さい物は白身に近い色をしていますが、大きい物は
見慣れた鮭のようなピンク色に近い色でした。
でもまあ、どっちでもない色ですね~。

調味液から上げたら、ある程度乾燥させるために陰干しします。
表面を触ってもベタつかないサラッとした感じになったら、終了~。
以前手作りした段ボール製スモーカーで、冷燻します。

IMGP5157.jpg
燻煙が終わった状態。
いい感じの飴色に仕上がっていて、見た目は結構美味しそう。
しかし、スモークサーモンに比べると、身が薄くてペラペラです(笑)
燻り臭いのを取るために、またしばらく外に干して風を通します。
燻り臭さがある程度取れたら、冷蔵庫で寝かせて完成!

IMGP5163.jpg
翌日、早速食べてみました。
味は…ちょっとしょっぱかったですね…(^^;)
身が薄いのに、調味液に漬ける時間が長過ぎたようです。
お酒のつまみにはちょうどいいかも。
野菜と合わせてマリネにしても美味しいかなと思いました。
若干改良の余地有りでしたね~。
ついでに一緒にスモークしたチーズは、とっても美味でした。

IMGP5155.jpg
うちでは丸のままの魚を捌くことが結構ありますが、頭や骨・
内臓等の人が食べない部分は、圧力鍋で柔らかく煮て犬たちに
あげています。
DHAやEPAが摂れるんじゃないかと思って…。
犬たちは意外に好きなようで、いつも喜んで食べていますよ。
ゴミも減らせて、一石二鳥です。

IMGP5061.jpg
今日のマイおやつ。
シュークリームが食べたかったけど、とっても抹茶気分だった
ので、抹茶のシュークリームを作ってみました。
カスタードと抹茶って意外な組み合わせですが、合うんですよ。
ちょっとほろ苦のクリームが大人の味で、美味しかったです(^^)
上に抹茶を振りかけ過ぎて、思いっきりむせました(^^;)